LogicMonitorのOracleデータベース監視

LogicMonitorのOracleデータベース監視


LogicMonitorは最近、Oracleデータベース監視用に15以上の新しいデータソースと2つのPropertySourceをリリースしました。 このリリースは、これまでで最も広範なOracleプラットフォームのアップデートです。 この更新により、マルチデータベース構成とコンテナー化のサポートが含まれます。 新しいLogicModuleには、「Oracle_DB」ではなく「Oracle_Database」というプレフィックスが付いています。 古いLogicModuleを段階的に廃止する前に、両方を実行することができます。これを行う方法の詳細については、
Oracleサポートページ.

LogicModulesの古いデフォルトのOracleOracle_DB名、Oracle_DB_BlockedSessionOverview

インスタンスのない古いデータソース名。 Oracleのブロックされたセッションの概要とOracleの個別スキーマサイズ。
LogicModulesの新しいデフォルトのOracle_Database名、Oracle_Database_BlockedSessionOverview
インスタンスを含む新しいデータソース名
XNUMXつのPropertySourceは、データベース名とバージョンを自動検出します。
XNUMXつのPropertySourceは、データベース名とバージョンを自動検出します。

Oracleマルチデータベースのサポート

マルチデータベースのサポートにより、 サーバー上のデータベースごとに個別の指標を提供するようになりました。 この情報は、問題が発生しているインスタンスをすばやく特定することにより、トラブルシューティングに役立ちます。 

LogicMonitorのOracleマルチデータベースダッシュボード

バックアップバックアップとより多くのバックアップ!

Oracle DBAは、Recovery Managerのカバレッジにより、すべてのバックアップの経過時間、サイズ、およびステータスをすばやく確認できます。 この情報を使用して、古いバックアップを削除し、新しいバックアップ用のスペースを作成する時期を確認できます。 各インスタンスのさまざまなサイズを追跡して、すべてがコンプライアンスの範囲内にあることを確認し、バックアップの全体的なサイズの容量計画を立てることができます。 バックアップのステータスを追跡することで、失敗した試行が見過ごされないようにすることができます。 

ダッシュボードのRMAN情報

ブロックされたセッションのトラブルシューティング

ブロックセッションのトラブルシューティングの問題を過去のものにします! 更新されたBlockedSessions DataSourceは、他のプロセスをブロックしているプロセスのSIDを返し、「secondsInWait」データポイントに必要なしきい値を追加することでアラートをトリガーできます。 これにより、DBAの仕事がはるかに簡単で積極的になります。

これらは、これらのLogicModuleがテーブルにもたらす新しいもののほんの一部です。 詳細については、LogicMonitorの担当者にお問い合わせください。