LogicMonitorを使用してKubernetesを監視する方法

Kubernetes DevOpsチームがコンテナ化されたアプリケーションをより迅速にデプロイできるようにし、コンテナの大規模な管理を大幅に容易にします。 これらのコンテナ化されたアプリケーションの可視性を取得することは、アプリケーション/サービスのパフォーマンスを最大化し、ダウンタイムを予防的に防止するための鍵です。 コンテナ化されたワークロードの可用性はKubernetesオーケストレーションに依存しているため、Kubernetesクラスターリソースも監視する必要があります。 LogicMonitorの新しい Kubernetesモニタリングの統合 Kubernetesクラスタとその中で実行されているコンテナ化されたアプリケーションを、既存のハイブリッドITインフラストラクチャとともにXNUMXつのガラス枠で包括的に監視できます。

LogicMonitorのKubernetesMonitoring統合はに依存しています アプリケーション を介してインストールすることができます ヘルメット これはクラスター内でXNUMXつのポッドとして実行されます。つまり、すべてのノードにエージェントをインストールする必要はありません。 このアプリケーションは、Kubernetesイベントストリームをリッスンし、LogicMonitorのAPIを使用して、クラスター内のリソースが変更された場合でも、モニタリングが常に最新であることを確認します。 Kubernetesノード、ポッド、コンテナ、サービス、マスターコンポーネントのデータが自動的に収集されます(例: スケジューラー、api-server、controller-manager)。 事前設定されたアラートしきい値は、すぐに使用できる意味のあるアラートを提供します。 アプリケーションは、LogicMonitorの監視テンプレートの広範なライブラリを使用して、ベストプラクティスに基づいて自動的に検出および監視されます。 これは、構成ファイルを編集したり、一致するコンテナーイメージ名に依存したり、手動で監視を構成したりする手間をかけずに、コンテナー化されたアプリケーションを即座に可視化できることを意味します。 さらに、LogicMonitorは、この詳細なパフォーマンスデータを最大XNUMX年間保持します。 これらの利点を組み合わせることで、LogicMonitorは、代替ソリューションよりも少ない必要なツールとプロセスでKubernetesクラスターを監視できます。

開始するには、LogicMonitor内の[リソース]ページから[Kubernetesモニタリングの追加]オプションを選択するだけです。

LogicMonitorにKubernetesクラスターを追加するオプション

監視対象クラスターがLogicMonitorリソースツリーのどこにどのように表示されるか、使用されるAPIトークン、統合アプリケーションを実行する名前空間、およびLogicMonitorコレクターの数に関する情報を入力するように求められます。実行したい:

LogicMonitorのKubernetesMonitoringIntegrationをインストールするためのウィザードの最初のステップ

入力した情報は、次のステップで、インストールに必要なHelmコマンドを表示するために使用されます。

LogicMonitorのKubernetesMonitoringIntegrationをインストールするためのウィザードのXNUMX番目のステップ

helmコマンドを直接コピーして貼り付け、クラスターに統合をインストールできます。

GCP CloudShellにHelmを介してLogicMonitorのKubernetesMonitoringをインストールする

インストール後、LogicMonitorですべてが適切に作成されたことを確認できるはずです。

Kubernetesクラスターがモニタリングに正常に追加されたことを示す確認メッセージ


ウィザードの最後のステップで、作成できます LogicMonitorサービス Kubernetesラベルのキーと値のペアに基づいています。 この結果は、ノードとポッドをラベルとともにグループ化し、それら全体のメトリックを集約してクラスター全体の統計を実現する、各ラベルのキーと値のペアの論理サービスです。 これにより、基盤となるリソースの変更に関係なく、特定のラベルの全体的なヘルスとパフォーマンスを追跡できます。

ウィザードを終了すると、監視対象のKubernetesクラスターを表す新しいリソースグループがLogicMonitorに表示されます。サービスグル​​ープには、ラベルのキーと値のペアに基づいて作成されたサービスが含まれ、ダッシュボードグループには、クラスター。

リソースグループには次のものが含まれます。

  • ワーカーロールごとにグループ化されたノード
  • 名前空間でグループ化されたポッド
  • 名前空間でグループ化されたサービス

これらの各リソースは自動的に監視され、コンテナはポッドごとに自動的に検出および監視されます。

さらに、コンテナ化されたアプリケーションは自動的に検出および監視されます。 たとえば、このクラスターは Kubernetesのサンプルゲストブックアプリケーション、およびLogicMonitorは、すべてのRedisポッドでRedisのモニタリングを自動的に適用しました。

表示されるダッシュボードは自動的に作成され、クラスターの状態を一目で把握できるため、クラスターの状態を簡単に評価でき、アプリケーションがリソースを消費しすぎている場所を特定することもできます。

それはそれと同じくらい簡単です! LogicMonitorを使用すると、Kubernetes環境を数分で包括的に可視化し、クラウドやオンプレミスインフラストラクチャの残りの部分と一緒に、すべてXNUMXつのガラス枠に表示できます。

まだ顧客ではなく、LogicMonitorの業界をリードするハイブリッド監視機能を確認したい場合は、今すぐ無料トライアルを開始してください。