エンタープライズクラウドMVC要件

エンタープライズクラウドMVC要件

ソフトウェア開発におけるMinimumViable Product(MVP)は、多くの場合、改善または製品のケースを証明するときに私たちが目指しているものです。 クラウドインフラストラクチャへの移行に伴い、Minimum Viable Cloud(MVC)の追求を開始する必要があります。 MVCは、クラウド環境を稼働させるために必要なすべてのもので構成されています。 クラウドインフラストラクチャの主なサービスは、通信、アプリケーション、およびストレージです。 このブログでは、これらのサービスをより詳細に分析し、アマゾンウェブサービス(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)のXNUMXつのトップクラウドプロバイダーでMVCを成功させる方法を説明します。 

通信層

クラウドインフラストラクチャサービスの通信層は、外部通信または「フロントドア」サービスから始まります。 クラウド内のキューおよびパブリッシュ/サブスクライブモデルメッセージングを含む、他のクラウドインフラストラクチャ間で動作する通信サービスもあります。 ほとんどのクラウド実装には、ドメインネームシステム(DNS)を管理するためのサービスも含まれています。 ほとんどのクラウドインフラストラクチャに含まれるもうXNUMXつの一般的な通信サービスは、負荷分散サービスです。

アプリケーション層

クラウドのアプリケーション層には、仮想マシン、サーバーレスコンピューティング、コンテナーサービス、およびその他のバージョンのPlatform as a Service(PaaS)が含まれます。 クラウド仮想マシン(VM)は、さまざまなクラウドプロバイダー向けにさまざまな形とサイズで提供され、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)と呼ばれることがよくあります。 サーバーレスコンピューティングサービスはクラウドプロバイダーによって提供され、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)に分類される明確にクラウドベースのソリューションです。 コンテナサービスは、特定のKubernetesサービスから、Dockerなどの他のコンテナ化をサポートするより一般的なサービスまで多岐にわたります。 アプリケーション層のより一般的なバージョンは、単なるサービスとしてのプラットフォームです。

ストレージレイヤー

クラウドのストレージレイヤーには、データベース、キャッシュ、ファイルストレージが含まれます。 データベースストレージについては、SQLがサポートされており、SQLはサポートされておらず、多くの場合、クラウドネイティブデータベースがサポートされています。 キャッシュストレージには、Redisのサポートを含むクラウド関連のキャッシュサービスが含まれます。 他のファイルの中でも、コードやWebサイトのデータを提供できるようにするために、クラウドにファイルを保存する必要もあります。

AWS、Azure、およびGCPのMVC要件

Amazon Webサービス(AWS)

LogicMonitorのAmazonELBモニタリングダッシュボードの例。

アマゾンウェブサービス(AWS)を見ると、MVCを成功させるためのこれらすべてのレベルのサービスがわかります。 通信エリアのサポートには、次のAWSサービスが含まれます。

APIゲートウェイ –外部および内部のコンシューマーにAPIを公開するための「フロントドア」。

Simple Notification Service(SNS) –多くの場合SQSと組み合わせたパブリッシュ/サブスクライブプッシュ実装。

Simple Queue Service(SQS) –パブリッシュ/サブスクライブ実装キューの実装は、多くの場合SNSと組み合わされます。

ルート53 –サービスを使用すると、クラウドDNSレコードを管理できます。

弾性負荷分散(ELB)–負荷分散の実装を可能にするサービス。

AWSでMVCのアプリケーションとコンテナレイヤーをサポートするためのサービスは次のとおりです。

Elastic Cloud Computing(EC2) –VMの処理に使用されるIaaSサービス。

ラムダ –サーバーレスアプリケーション向けのSaaS。

Amazonコンテナサービス(ECS) –マイクロサービス用のDockerコンテナーを処理するためのサービス。

Elastic Kubernetes Service(EKS) –フルマネージドKubernetes向けのサービス。

弾性ビーンズトーク –マネージドWebアプリケーションおよびサービス用のPaaS。

データベースとストレージのニーズをサポートするためのAWSのサービスオプションは次のとおりです。

DynamoDB –NoSQLデータベースをサポートするためのサービス。

リレーショナルデータベースサービス(RDS) –リレーショナルデータベース管理システムサービス。

シンプルストレージサービス(S3) –ファイルやWebアプリケーションに必要なその他すべてを保存するサービス。

エラスティキャッシュ –Redisキャッシングを含む分散キャッシングのサービス。

Microsoft Azure 

LogicMonitorプラットフォーム上のAzureのVM監視ダッシュボードの例。

Microsoft Azure MVCには、これらのサービスの選択も含まれます。 Azureで通信レイヤーを処理するために、次のサービスのコレクションを使用できます。

API管理 –Azureのバージョンの「フロントドア」サービス。

サービスバス –メッセージベースのパブリッシュ/サブスクライブサービス。

イベントグリッド –イベントベースのパブリッシュ/サブスクライブサービス。

Azure DNS –クラウドでDNSを管理するためのサービス。

ロードバランサ –TCPおよびUDP接続でトラフィックを負荷分散するためのサービス。

Azureのアプリケーションとコンテナーレイヤーについては、次のサービスを参照できます。

仮想マシン –VMの処理に使用されるIaaSサービス。

機能 –SaaSサーバーレスアプリケーション。

コンテナインスタンス –マイクロサービス用のDockerコンテナーを管理するためのサービス。

Kubernetesサービス(AKS) –AzureがKubernetesを管理するために提供するサービス。

アプリサービス –アプリケーションをデプロイおよびスケーリングするためのマネージドホスティング用のPaaS。

データベースおよびストレージレイヤーに対するAzureのサービスは次のとおりです。

コスモスDB –NoSQLデータベースに使用されるサービス。

SQL データベース – Azureは、SQLとMySQLのリレーショナルデータベースのカバレッジを分割しています。

MySQL データベース – Azureは、SQLとMySQLのリレーショナルデータベースのカバレッジを分割しています。

BLOBストレージ –MVCに必要な他のファイルやオブジェクトを管理するためのサービス。

Redisのキャッシュ –それは缶にそれを言います:Redisのキャッシュを管理するためのサービス。

Google Cloud Platform(GCP)

LogicMonitorのGCP概要ダッシュボード。

Google Cloud Platformは、クラウドMVCの作成に必要な一連のサービスも提供します。 通信層で利用可能なサービスのいくつかは次のとおりです。

アピジー –GCPの「正面玄関」のサービス。

クラウドパブ/サブ –パブリッシュ/サブスクライブサービス。

クラウドDNS –クラウドDNSを管理するためのサービス。

ネットワーク負荷分散 –サービス…あなたはそれをネットワーク負荷分散と推測しました。

アプリケーションレイヤーとコンテナレイヤーでは、GCPのサービスは次のとおりです。

エンジンを計算 –VMを管理するためのIaaS。

クラウド機能 –SaaSサーバーレスアプリケーション。

クラウドラン –マイクロサービス用のDockerコンテナを管理するため

Kubernetesエンジン(GKE) –ここでの楽しい部分は、GoogleがKubernetesを管理しているため、GKEはK8を管理するための非常に優れたサービスです。

App Engine –アプリケーションをデプロイおよびスケーリングするためのマネージドホスティング用のPaaS。

GCPは、Googleドライブの共有ストレージよりもはるかに高度です。 GCPのサービスは次のとおりです。

ビッグテーブル –NoSQLデータベースと管理のためのサービス。

クラウドSQL – GCPは、SQLとその他のリレーショナルデータベースも分離します。

クラウドメモリストア –他のリレーショナルデータベース用のサービス。

クラウドストレージ –他のほとんどのオブジェクトストレージ用のサービス。

Redisのメモリストア –Redisキャッシュ管理サービス。

MVCインフラストラクチャを監視する

MVCに関するこの議論はすべて、クラウドインフラストラクチャに次に何が必要か疑問に思うかもしれません。 その答えは、MVCインフラストラクチャのパフォーマンスを監視および追跡する方法です。 また、変更を通知し、停止を防ぐために、ある程度のカスタマイズ可能なアラートが必要になります。 これを行うためのXNUMXつのプラットフォームはLogicMonitorです。 上記で説明したサービスのうち、LogicMonitorはGCPApigeeとGCPCloudDNSを除くすべてをカバーしています。 これらのサービスはカバレッジのロードマップに含まれているため、心配する必要はありません。

要約すると、主要なクラウドプロバイダー全体のクラウドインフラストラクチャMVCは、クラウド上に存在することを除いて、独自のソフトウェアMVPを立ち上げることとそれほど区別されません。 クラウドMVCを立ち上げたら、または複数のクラウドプロバイダーにまたがって複数のプロバイダーを立ち上げたら、それらの監視を開始することをお勧めします。 簡単な解決策は、LogicMonitorにサインアップして、エージェントレスのクラウドコレクターがクラウドインフラストラクチャを監視する作業を開始できるようにすることです。 環境のパフォーマンスに関するLogicMonitorの洞察のデモを開始します。 無料トライアルまたは 無料のデモを予約する 今日。

ブライアン・グラッデン

ブライアン・グラッデン

プロダクトマネージャー

ブライアンは、ソフトウェアエンジニアからプロダクトマネージャーへの移行を楽しんでいます。 彼は過去の経験を活用し、貢献している製品の幅広い範囲についてもっと学ぶのが大好きです。 ブライアンは、多くのペットを飼っている動物愛好家であり、多くの場合、少なくともXNUMX匹の里親もいます。